起業、開業したら名刺、ショップカードを自分で作る、というのはひとつの選択肢です。

 すこぶる簡単な名刺やショップカードは業者に頼んだほうが、安かったりする場合もあります。が、しかし、凝ったデザインにする手作り感を大事にする特殊な紙に印刷するなど自分のアイデアを形に出来る人にとっては、自分で名刺、ショップカードを作るのはとっても楽しいものです。

自分で名刺、ショップカードを作るには

 私も、自分のお店のショップカード、チラシ、案内のハガキ、名刺などなど、ありとあらゆるペーパーアイテムを自作しました。

 このサイトのトップページにも書きましたが、自分で名刺、ショップカードを作るのに必要な物がいくつかあります。それは、

 ・パソコン
 ・ネットにつながっている環境
 ・プリンター
 ・(インク)
 ・印刷する用紙

です。

 パソコン、ネットに繋がる環境は、名刺、ショップカードを作るソフトを使うのに必要です。ソフトは無料ですが、ダウンロードする、もしくはネット上でデザインすることができます。

 プリンターは、当たり前ですがないと印刷できません。そして、インク。カッコをしているのは、これが結構、盲点と言いますか、自分で作りたい、オリジナル残ったデザインにしたい、というのであればいいのですが、とにかく安く名刺、ショップカードを作りたい!というのであれば、紙代+インク代を考えると、それより安く作れる業者もあるからです。

 デザインにもよりますが、ベタで塗る要なデザインの場合、インクは相当量使うことになりますし、家庭用のプリンターを通せる紙の厚さも限界があります。すると、インクでベタに塗られた紙は反るし、他の紙にもついちゃうし。。。ということが起こります。

 私は、「自分で名刺を作る、ショップカードを作る」ということを否定しているのではありません。自分でたくさん作ってきたからこそ、その試行錯誤、なくなるインク、印刷が失敗した紙、夜中じゅううるさいプリンターというリスクをちゃんと理解して欲しいのです。

 それでも、名刺、ショップカードが自分のイメージ通りに作れたときの喜びは、なんとも言えないことは確かです。

自分で名刺、ショップカードを作成するソフト

 自分で、名刺、ショップカードを作るためのソフトというのは色いろあると思います。イラストレーターとかフォトショップとか。ですが、イラストレーターとフォトショップのような高価なソフトを持っていて、使っている人はこのサイトには辿り着いていませんし、この文章を読んでもいないと思います。

 私が長年愛用しているのは「ラベル屋さん」というソフトです。私が使い始めた頃は「ラベル屋さんHOME」だったんですけど、今現在は「ラベル屋さん」という名前になっています。

 「ラベル屋さん」は「ラベル屋さん」なので、名刺だけじゃなく、わりとなんでも作れてしまします。が、ある程度ソフトを使いこなせるようなならないと、思い通りのデザインにはできません。

 が、しかし、この「ラベル屋さん」が用意しているテンプレート(デザイン)を使えば、わりと簡単にかっちょいい名刺ができます

 ラベル屋さんの名刺テンプレートを見る

 ね。これだけのテンプレートがあれば、自分で名刺、ショップカードが作れそうでしょ。ちなみに名刺やら、ショップカードやら、その他もろもろのペーパーアイテムをデザインするソフトはこんな感じの画面です。

ラベル屋さん

 フォントって何?グループ化って何?という人にとっては最初は使いこなすのが難しいかもしれませんが、大丈夫です。私はフォントって何?グループ化って何?というところからスタートしましたから。まあ、生まれた瞬間から「フォント」を知っている人はいないと考えれば、なんとかなるもんです。

 とにもかくにも、そのソフトを使って、あれやこれや自分の好きにデザインするのはタダですし、途中でも保存しておけるので、まずは使ってみてください。

 もちろんイラストレーターのように何万円もするソフトと比べちゃうと、できることは少ないのかもしれませんが、私には十分でした。結構いろんなことができて奥が深いのですよ。

 というわけで、レッツトライ!

 ラベル屋さんHOME

自作の名刺、ショップカードに使う用紙

 ココで紹介している「ラベル屋さん」はA−oneという会社が提供しているものです。そして、A-oneはものすんごいたくさんの種類の印刷用紙を販売しています。

 ラベル屋さんで使う用紙の品番を入れれば、良きにはからって印刷してくれます。とっても便利です。

 名刺やショップカードに使うのは、10枚綴りで印刷したあと手でちぎったり、剥がしたりして使うものです。

 用紙もいろんなタイプのものがあるので、これを選ぶのも楽しみのひとつです。白ひとつとっても、いろんな白がありますし、もちろんカラーバリエーションもたくさんあります。透明なシートや、メタルな名刺も作れちゃいます。この用紙選びは大事です。

 いわゆる、ビジネス名刺をつくるなら、なるべく厚口のものを選んでください。

 A−oneさんのソフトで名刺、ショップカードを作るんですから、A-oneの用紙を使うのが筋です。

 が、あえて私がA−one以外で使っている好きな紙を紹介させてただきます。これはちゃんとしたビジネスマンの方には不向きな紙ですが、個人のクラフト系の方や、和っぽい飲食店なんかには向いているんじゃないかと。

 越前和紙出できた名刺、ショップカード用の紙です。独特の風合いがあって、長いこと愛用しています。お好みに合えば是非!