起業名刺、ショップカード作成 何が大事?優先?

 

    とにかく安く!格安名刺作成なら

  • プリスタ。



     間違いなく業界最安値!

     シンプルな名刺を作るなら「プリスタ。」です。カラーでちょっと上質な紙を選んでも数百円の域を出ません

     ネックの送料もメール便を使えばかなり抑えられちゃいます。

    プリスタ。

  • なる早!即日発送なら

  • ラクスル



     「名刺印刷」⇒「当日出荷サービス」を選択。

    12時までに入稿で当日発送!とにかく急いでいる人にピッタリの商品です。

    とにかく早く注文すれば、早くくる。迷っている時間のないあなたのためのサービス。

    ラクスル

  • 難しい操作はイヤ!でもデザインにこだわりたい!

  • ビスタプリント



     ものすんごい数のテンプレート(デザイン)と直感操作でこだわりのデザイン名刺がショップカードが自分で作れちゃいます!

     豊富なデザインのフルカラー印刷の名刺、ショップカードがオンラインで簡単に作れます。この品質でこの価格はスゴイ!

    ビスタプリント

  • 名刺じゃなくて、ショップカードを作りたい!

  • オリジナルプリント



     ちゃんとショップカードというカテゴリがある業者

     ショップカードもスタンプカードもテンプレートがあるので、ウェブ上で簡単にデザインができる。

    オリジナルプリント

  • 名刺入れも見られています

  • ココマイスター

     名刺入れは単なる入れ物ではありません。

    名刺と同じくらい大事なビジネスツールです。初めて合う相手の持ち物って意外と見てしまうものです。それは相手も同じです。
    ココマイスターの名刺入れ

名刺、ショップカードの作り方

名刺ショップカード作成1

 起業したら、名刺は最小の営業ツールとして、開業したらショップカードは最強の宣伝ツールとして活躍してくれるはずです。

 名刺・ショップカードを作るには大きく分けて2つの方法があります。言わずもがな、ですが


  ▶自分で作る
  ▶業者に作ってもらう

です。

 名刺、ショップカードを「自分で作る」と「業者につくってもらう」のメリット・デメリットをざっくり見てみましょう。

起業!開業!名刺を自分で作る

【名刺、ショップカードを自分で作るのに必要なもの】
 ・パソコン
 ・インターネットに繋がる環境
 ・プリンター
 ・(インク)
 ・印刷する用紙

 パソコンがあって、ネットに繋がっていれば無料のソフトを使うことができます。そのソフトを使って自分でデザインして、印刷すれば、名刺、ショップカードを作ることができます。

 [自分で作るメリット]
 ・割りとお金をかけずに作ることができる。
 ・とことん自分のデザインにこだわれる
 ・自分で作るので、何種類でも作れる
 ・枚数が少なくても作れる

 [自分で作るデメリット]
 ・作るものによっては、業者に頼んでも大差ない金額
 ・手作り感がどうしても出る(紙質、切り口のシャープさなど)
 ・イラスト系のソフトなどをまったく使ったことがないと、けっこう時間がかかる

と言った感じです。私自身、自分でたくさんの名刺、ショップカード、チラシ、飲食店のメニューなどを作ってきた経験からの感想です。
カフェ
 全部自分で作れるので、自己完結でき、そういったことが好きな私のようなひとにとっては、名刺、ショップカードを作るということ自体がけっこう楽しいです。

 名刺、ショップカードを作るソフトに慣れてくると大抵のペーパーアイテムは自分で作れるようになります。ので、個人の飲食店や、雑貨屋などクラフトものを扱うような小売店などにはすこぶる向いていると思います。

 ただ、デメリットにも書きましたが、簡単なお絵かきソフトも使ったことがない人が、自分のイメージした名刺、ショップカードを再現できるようになるには、ちょっとの根気が必要で時間がかかると思われます。私がそうでしたので。

 先ほども書きましたが、それはそれで楽しかったので、時間はかかりますが、自分がコツコツソフトの使い方を覚えていき、試行錯誤していくことに向いているひとにとっては全く苦ではありません。

起業!開業!名刺を業者に作って貰う

 名刺、ショップカードを業者に作ってもらうと結構なお金がかかってしまいそうなイメージがありますが、最近はそんなことはありません。

 自宅で印刷できる名刺用の印刷用紙とプリンターインク代(試し刷りも含めて)を考えると、シンプルなものであれば業者に発注したほうが安いくらいです。

 テンプレート(デザイン)を選んで、文字のスタイル(フォント)を選んで、必要事項を入力するだけで、ちゃんとプロらしい名刺、ショップカードができます。

 [業者に頼むメリット]
 ・紙質、名刺の角、縁のシャープさがいい(選択する紙にもよりますが)
 ・印刷が当たり前だがちゃんとしている
 ・名刺自体の質がいいと、ちゃんとした仕事をしそうな感じがする
 ・思ったより、低価格、小ロットで作れる
 ・自分の時間を取られない

 [業者に頼むデメリット]
 ・細部にまでデザインにこだわるのが難しい
 ・仕上がりを何度もチェックできない(サンプルを作ってくれるところもある)
 ・デザイン性の高いものになると「自分で作る」よりお金がかかる場合もある

名刺ショップカード作成2

 名刺、ショップカードを業者に作ってもらうと、やはりきちんとしたものができます。

 自分で作った名刺、ショップカードはどうしても、「作った感」が出てしまいます。それはそれで「味」になるように作るのですが、ビジネスに使う名刺はやはり、プロが印刷したものがいいです。名刺は「顔」です。

 名刺、ショップカードをプロの業者に頼むとひとくちに言っても、いろんな業者がいます。デザイン費がかかったり、枚数が多くないと受けなかったり、そもそもの料金が結構な高額だったり。。。

 この「起業!開業!名刺とショップカードの作り方」でご紹介するのは「低コスト」でもちゃんとしたものを作る業者です。

 低コストってどのくらいなの?は、紙の質や何色刷りか、両面印刷かなどによって大きく変わってきますが、一番安く業者でつくろうとしたら「自分で作る」の紙代、インク代より安くなっちゃうかもしれません。

 デメリットの所に書いた「細部にまでデザインにこだわるのは難しい」を見て「えっ?プロなのに?」と思った方もいるかと思いますが、低コストで作るために、ある程度決まったデザイン(数千種類あるところもあります)から、選ぶので、ゼロからデザインするというものではないからです。

と言いつつも、そのデザイン、色、字体、紙、片面、両面、二つ折りなどなど、いろんな要素によってオリジナリティのある、自分のイメージしているものが作れると思います。

 名刺、ショップカードを「自分で作る」にしても「業者に作ってもらう」にしても、この「起業!開業!名刺とショップカードの作り方」が皆さまの名刺作り、ショップカード作りの一助になれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ